2009年12月15日

#011夢の途中で待ち合わせ



#011


今回のタイトルは「夢の途中で待ち合わせ」です。
階段というモチーフが好きという話は#003でもしたんですが、
この階段は#003とはまた違った雰囲気でストライクでしたね。


あちらが暗く重い雰囲気で撮るのが映えると表現するなら、
こちらは明るくライトな雰囲気で撮るのが映える、そんな感じです。
「先が見える」「先が見えない」そういう意味で対比させてみました。


構図としてはやっぱりこの前とは逆に下から見上げる感じで、
珍しくモデルを左上に配置してみました。
基本的にモデルは画面の右下に置くことが多いので新鮮ですね。
あまり同じ構図ばかりだと似たようなものに仕上がってしまうので
たまには変えてみようかな、と思いまして(笑)


加工としてはノイズとぼかしをかけて幻想的な雰囲気に仕上げてみました。
タイトルの「夢の途中」というのはまだ眠っているときに
見た景色、というイメージで加工をしたので其処から来ています。


この写真はもっと遊べると思うのでいろんな加工したいですね。
一枚の写真をいろんな加工して遊ぶのが好きです。




人気ホームページランキング にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ お気に入りいただけたらクリックをお願いします
posted by @kaoru at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 階段/構造物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

#003君と僕と好奇心と、



#003


今回の写真のタイトルは「君と僕と好奇心と、」です。
この場所は街中の地下駐輪場の入り口なんですが、
私はどうも階段というモチーフに惹かれるようで、
コンデジで撮ってみてこの場所を気に入ってしまい、
わざわざ一眼を持って撮り直しに行きました(笑)


構図のイメージとしては、全体的には暗いんだけれど、
手前の入り口は光で照らされていて、さらに階段を降りて行った場所にも
「出口と思われる光が少しだけ見える」ということを利用して
階段の持つ奥行きや距離感を表してみたつもりです。


そして元の写真はこんなに暗くないんですが、全体的に
明るさを下げてコントラストは上げて、退廃的な雰囲気を出してみました。
なんとなく廃墟みたいなイメージに仕上がっていると思います。
そんな場所に好奇心を持った君と僕とで探検する、
こんなイメージがタイトルの由来ですね。


この写真、ここ最近撮った中で一番のお気に入りだったりします(笑)
「見下ろす」という構図は結構好きです。
でも好きな構図ばかりで撮っていると単調になるので、
次は違う構図にもどんどんチャレンジしていきたいですね。


人気ホームページランキング にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ お気に入りいただけたらクリックをお願いします
posted by @kaoru at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 階段/構造物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。