2009年11月20日

#004目に焼き付けた茜色の世界



#004


今回のタイトルは「目に焼き付けた茜色の世界」です。
これは初めて撮った夕焼けの写真、ですねー。


この日は本当に空が綺麗な色をしていました。
赤が綺麗に発色していながらも、雲と光との具合で
上手くぼかされていて凄く好みな空でしたね。
「赤色」というよりもむしろ「茜色」という形容がぴったりだと思います。


そのままの感じを活かしたかったので加工はあんまりしていないです。
もうちょっとだけぼかした感じを出したかったので同じ写真を二枚重ねて、
上の方にぼかしをかけて不透明度弄ったくらいですね。


この同じ写真を二枚重ねて、上の写真にだけ加工を施し
不透明度を弄るという加工はよく使う手法です。
「ぼかしをかける」「シャープにする」など
一枚の写真でやってしまうと加減が難しいのですが
この手法を使うと比較的綺麗に仕上がります。


人気ホームページランキング にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ お気に入りいただけたらクリックをお願いします
posted by @kaoru at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 空/天気/夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

#001隙間から見える景色



#001


今回の写真のタイトルは「隙間から見える景色」です。
ビルの隙間から見える青空、そしてそれを邪魔するような
電線の具合が気に入って思わずシャッターを押しました。


空ってよく撮るんですけどなかなか難しいんですよね。
っていうのも、結構微妙な色合いだとか雲の形だとか
こだわりだしたらキリが無くて何百枚も撮ったわりに
使える写真が数枚しか無い、もしくは全然無いなんてこともザラです。


色合いくらいは加工で誤魔化したりもしますが、
雲の形ばっかりは弄ると全くの別物の写真になってしまうので
青空の写真を撮って使用するときの条件は『ある程度の青さ』と
『雲の形』で使えるかどうか決めています。
その次に重要なのが『空に対しての雲の面積』ですね。
やっぱり綺麗に見える割合、というものがあると思うので。
まあこれはトリミングで使えるところを切り出せばいいので
実はそんなに考えていなかったりするのですが(笑)


ちなみにこれは青空に対して雲の面積が大きすぎるんですが
両脇のビル、そして電線との割合が気に入ったので使いました。
重要とか言っておきながらの矛盾ですね。


そして加工はコントラストを少し調節して、ポスタライズという
色数を減らす加工を若干かけています。
ちょっと写真っぽさは無くなるんですが、結構お気に入りの加工法ですね。
この写真はGIMPのみで加工しました。
ハーフトーンというフィルタが凄く加工に重宝します。
そしてプレビューしながら作業出来るのでとても便利です。
機能として覚えておいて損は無いですね。


人気ホームページランキング にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ お気に入りいただけたらクリックをお願いします
posted by @kaoru at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 空/天気/夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。